2014年10月10日

浅井隆

浅井隆(あさい たかし、1954年― )は、日本の経済評論家、株式会社第二海援隊社長。 東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部在学中に環境問題研究会などを主宰する一方学習塾を経営。海外放浪の旅から帰国後、大学を中退し毎日新聞社に入社。1994年退社。96年情報商社「第二海援隊」を設立、2005年日本の改革・再生をするための会社と謳う「再生日本21」を設立。

【浅井隆の経歴】

浅井隆は、学生時代から経済・社会問題に強い関心を持ち、早稲田大学政治経済学部在学中に環境問題研究会などを主宰。一方で学習塾の経営を手がけ学生ビジネスとして成功を収めるが、思うところあり、一転、海外放浪の旅に出る。
浅井隆は、帰国後、同校を中退し毎日新聞社に入社。写真記者として世界を股に掛ける過酷な勤務をこなす傍ら、経済の猛勉強に励みつつ独自の取材、執筆活動を展開する。現代日本の問題点、矛盾点に鋭いメスを入れる斬新な切り口は多数の月刊誌等で高い評価を受け、特に1990年東京市場暴落の謎に迫る取材では一大センセーションを巻き起こす。その後、バブル崩壊後の超円高や平成不況の長期化、金融機関の破綻など数々の経済予測を的中させてベストセラーを多発し、1994年に独立。
浅井隆は、1996年、従来にないまったく新しい形態の21世紀型情報商社「第二海援隊」を設立し、以後その経営に携わる一方、精力的に執筆・講演活動を続ける。2005年7月、日本を改革・再生するための日本初の会社「再生日本21」を立ち上げた。
浅井隆の著書は『大不況サバイバル読本』『日本発、世界大恐慌!』(徳間書店)『95年の衝撃』(総合法令出版)『勝ち組の経済学』(小学館文庫)『次にくる波』『天国と地獄』(PHP研究所)『国家破産!? 気づいた人には大チャンス』『億万長者の哲学<最終章>』(あ・うん)『文明と経済の衝突』『2003年、日本国破産』シリーズ『国家破産サバイバル読本<上><下>』『最後の2年』『小泉首相が死んでも本当の事を言わない理由<上・下>』『最後の円高』『2010年の衝撃』『もう、自分年金を作るしかない』『全世界バブルが崩壊する日!<上・下>』『なぜ、人は株で大損するのか』『チャイナ発世界大恐慌<上>』『パンデミック感染大爆発』(第二海援隊)など多数。


浅井隆


[関連キーワード]
浅井隆第二海援隊 浅井隆著書 浅井隆評判 浅井隆口コミ 浅井隆早稲田 浅井隆ジャーナリスト 浅井隆wiki 浅井隆ブログ 浅井隆twitter 浅井隆facebook
[注目ワード]
ザクケーキ 噴石 セカオワ 深瀬 グラブル メガスピアー 徹甲弾 初春 グランブルーファンタジー ミスタードーナツ 高い練度
posted by 浅井隆 at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。